シェアハウスのオーナー夫婦の写真画像
個人でのシェアハウスのはじめ方

 

シェアハウス経営を検討している人の中には、個人で運営したいと(自主管理)いう人もいると思います。

自分で管理すれば、収入は最も高くすることができます。

管理運営会社に委託すると、管理費が20%以上かかることがほどんどだからです。

 

シェアハウスは管理に手間がかかると言われますが、オーナーが自主管理することもできます。

そのためには、正しい知識と手順を知らなければなりません。

 

このコンテンツでは、個人でシェアハウスを運営したい人が知っておくべき情報をまとめました。

20棟・300室のシェアハウスを運営している管理会社にたずさわり、10年以上の経験がある筆者が、プロの視点から解説しています。

 

スポンサーリンク

シェアハウスの特徴について知る

シェアハウスのイメージ:人形:写真画像

シェアハウスとアパートとの違いを知ろう

 

まずは、シェアハウスとアパート・マンションの違いについて知りましょう。

下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

シェアハウス経営のメリット・デメリットを知る

シェアハウス運営のメリット・デメリットや将来性についてもおさえておきましょう。

 

個人で運営(自主管理)するメリット・デメリットを知る

メリット・デメリットの写真画像

シェアハウス経営のメリット・デメリットを確認しよう

 

シェアハウスの運営は、管理会社に委託するケースが多くなっています。

管理に手間がかかることが大きな理由です。

しかし、オーナー個人で自主管理をすると収入面でのメリットが大きくなります。

自主管理のメリット・デメリットをあなたの目で確認してみてください。

 

オーナー自主管理 管理会社に委託
シェアハウス管理費 なし 30%(目安)
オーナー収入 家賃収入の全額 家賃収入の70%

(月額家賃:総額50万円)
50万円 35万円

 

 

個人でのシェアハウス運営のはじめ方(手順)

家・管理のチェックシート:写真画像

シェアハウス運営の手順をおさえよう

 

個人でもシェアハウスを運営することはできます。

その際は、手順やポイントをしっかりとおさえることが重要になります。

まずは、シェアハウスの計画が可能かどうか、「企画・リフォーム工事の手順」について確認しておきましょう。

 

シェアハウスの管理は、独特で手間もかかります。

計画をよく検討して運営できる可能性が高いようであれば、「管理方法やトラブル対応」についても確認しておきましょう。

 

まとめ(シェアハウスの自主管理)

個人で始めるシェアハウスの方法(まとめ)
  • 個人でもシェアハウスの運営は可能
  • シェアハウスのメリット・デメリットを知る
  • オーナーの自主管理なら収入が最も高くなる
  • シェアハウス管理は手間がかかる
  • 迅速なトラブル対応が重要になる

 

スポンサーリンク
シェアハウス経営をサポートします
シェアハウスの個室:写真画像:

シェアハウスの経営・運営を考えている個人・法人をサポートしています。

シェアハウスは正しい方法で運営しないと成功しません。

本気で行動したい方だけにノウハウの提供と信頼できる会社のご紹介をしています。