電話・パソコンで応対する女性:写真画像
シェアハウスの審査を解説

 

シェアハウス運営においては、入居者に契約ハウスルールを守って生活してもらうことがとても重要です。

ひとつの建物内での共同生活なので、ルールを守らない人がいると安心して暮らすことができません。

そのため、入居者の審査をしっかりと行なうことがカギとなります。

 

このコンテンツでは、シェアハウス運営をする際の入居者チェックや審査に関する内容をまとめています。

入居者に楽しく安心して生活してもらい、安定した運営をおこなうためにも、審査のノウハウをお伝えしています。

 

スポンサーリンク

入居の「問合せ時」から審査がスタートしている

入居者希望者からはメールや電話で問合せがきます。実はこのときから「審査」は始まっているのです。

シェアハウスは入居の際に保証人や保証会社の必要がないことも多いため、手順をふんで人物チェックをおこなっています。

募集から契約までの具体的な方法については、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

 

ハウス案内時(見学)の審査について

入居希望者をシェアハウス物件に案内するときも審査をしています。

最寄り駅から物件まで行く間に会話をしたり、ハウス内を案内して質問に答えたりしてコミュニケーション能力をチェックしています。

シェアハウス見学の詳しい方法については、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

 

契約時の審査・チェックについて(シェアハウス物件)

事務所での契約時には、書類や身分証明書などのチェックをおこないます。

事前に契約内容やハウスルールを説明し、納得して規則を守れる人と契約をむすびます。

シェアハウスは「定期借家契約」のことも多いので、普通の契約との違いをしっかりと理解してもらう必要があります。

契約関係については、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

 

外国人の審査について(シェアハウス物件)

シェアハウスでは、外国人の入居者と契約することも多くあります。

各種の言語に対応したり誤解がないように説明したりすることが必要です。

また、審査においては「在留カード」の確認は必須となります。

外国人の審査については、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

 

ハウス入居後のトラブル対応について

シェアハウスの入居後にトラブルが発生することもあります。

たとえば、ハウスルールを守らなかったり、賃料の支払いが遅れたり。

トラブルに対応するのと同時に、その入居者との信頼関係を構築できるかどうかを見極めなければなりません。

トラブル関係については、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

 

 

シェアハウスの審査に関する具体的なノウハウは、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

スポンサーリンク