間取りの写真画像
シェアハウスの間取り・設計

 

新しいシェアハウスの企画をしたり設計をしたりする際には、抑えておくべきポイントがあります。

その理由は、正しい方法でスタートしないと「シェアハウス経営」がうまくいくことはないからです。

たとえば、下記のような点を検討することが重要になります。

 

  • 法律・規制など
  • 立地
  • 建物・設備(ハード面)
  • 管理体制(ソフト面)
  • シェアハウス企画の事例ノウハウ

 

どんなにテーマやコンセプトが斬新でも、上記のような「シェアハウスの基本」となる部分がおろそかだと入居者募集に苦労することになってしまいます。

このコンテンツでは、シェアハウス経営に10年以上プロとして関わる筆者が「シェアハウス企画の重要ポイント」についてまとめました。

長く安定してシェアハウスを運営するためには、企画段階からの準備が大切です。

 

スポンサーリンク

法律や規制をチェックする(シェアハウス企画)

シェアハウスは賃貸住宅ですので、関連する法律を確認して順守する必要があります。

また、都道府県や市区町村ごとにシェアハウスに関する規制が設けられているケースも。

シェアハウスを企画する場合には、まずは法律・条例・規制を確認するようにしましょう。

 

詳細は、下記のコンテンツで解説しています。

 

 

立地をチェックする(シェアハウス企画)

賃貸住宅で「立地」は最も重要なポイントの一つです。

シェアハウスも例外ではなく、立地によって運営方針に違いが生じます。

 

シェアハウスを企画する際の立地については、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

建物・設計をチェックする(シェアハウス企画)

シェアハウスは、リビング・キッチン・洗面所などを共用して共同生活をする賃貸住宅です。

そのため、入居者がストレスなく生活できるように間取りの設計・設備配置をすることが重要になります。

 

古い建物をシェアハウスにすることも多いため、リノベーション工事の計画を綿密に行う必要があります。

土台や屋根、外壁の補修など、建物を長く運用するための対策が大切です。

また、地震の対策として事前に建物の「耐震診断」をし、適切な「耐震補強工事」を行いましょう。

 

見た目やデザインの企画だけではなく、入居者に安全で安心できる物件を提供することが求められます。

 

シェアハウスの建物・設計については、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

 

設備をチェックする(シェアハウス企画)

共同生活であるシェアハウスは、物件の規模や入居者の数に応じて「最適な設備」を設置しなければなりません。

複数の入居者が利用しやすい内容にする必要があります。

 

シェアハウスの設備については、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

 

管理体制をチェックする(シェアハウス企画)

立地や建物・設備などのハードがよくても、「シェアハウスの管理・運営(ソフト)」に難があれば安定した経営はできません。

オーナーや管理会社はできるだけトラブルを少なくし、入居者が安心して生活できる管理体制を整える必要があります。

 

  • 入居前の審査(外国人を含む)
  • 賃貸借契約書・ハウスルール
  • トラブル時の対応
  • 定期的なハウス巡回
  • ハウス清掃
  • 家賃滞納の対策
  • 優良な管理会社を選ぶ

 

シェアハウスの企画段階から「管理体制」を構築しておきましょう。

詳細は、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

 

シェアハウス企画の「事例ノウハウ」

シェアハウスの企画では、物件にコンセプトをつけたりオーナーの個性を出したりすることができるのも魅力です。

しかし、差別化をはかろうとしても上手くいかないケースもあります。

成功・失敗の事例やメリット・デメリットを理解して、慎重に判断しましょう。

 

実際のシェアハウスの事例については、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

     

     

     

    Ⓒシェアハウス経営の教科書

     

     

    スポンサーリンク
    シェアハウス経営をサポートします
    シェアハウスの個室:写真画像:

    シェアハウスの経営・運営を考えている個人・法人をサポートしています。

    シェアハウスは正しい方法で運営しないと成功しません。

    お問い合わせは下記から受け付けています。