外国人との交流のイラスト画像
シェアハウスの交流について

 

スポンサーリンク

ハウス内の「交流」とは (シェアハウス経営)

シェアハウスは複数人で共同生活する賃貸住宅です。

実際の物件を見たことがない人にとってはわかりづらいかもしれませんが、学生寮のようなイメージです。

 

3・4人の小規模なものから100人を超える大規模なものまでありますが、シェアハウス内では必ず「交流」があります。

「いってらっしゃい」「おかえりなさい」といったあいさつや、一緒に夕食をとったりリビングで映画をみたり。

 

日常的に起こる交流がシェアハウスの魅力にもなっています。

 

 

ハウス内の交流の特徴 (シェアハウス経営)

イメージは学生寮や社員寮に似ていますが、シェアハウスの交流には独特の特徴があります。

年齢・性別・出身地など、さまざまな入居者が共同生活しています。

外国人がいるハウスでは、言語や文化の交流も盛んです。

また、コンセプトを設定した物件など、同じ趣味や目標の入居者と交流ができるシェアハウスもあります。

 

ハウス内の交流の注意点 (シェアハウス経営)

シェアハウス内で交流が起こるためには、その仕組みをつくることがポイントになります。

間取りや設備、家具、家電など、共同生活がしやすく自然に交流ができるような物件でないといけません。

ハウス内の交流が起こりにくい間取りの物件もあるので注意が必要です。

 

交流があると時にはトラブルも起こります。

わかりやすいルールづくりや迅速なトラブル対応が重要になります。

 

家族や友人の訪問・宿泊を認めているシェアハウスもあります。

より多くの交流が魅力の物件にはなりますが、防犯やトラブルの対応も必要になります。

 

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク