スマートロック・スマートキーの写真画像
スマートロック(スマートキー)

 

 

スポンサーリンク

スマートロック・スマートキーとは (シェアハウス経営)

スマートフォンやICカード(スイカなど)等の機器を用いて既存の錠を開閉・管理を行う機器およびシステムです。

シェアハウスの玄関や個室の鍵(カギ)として設置することがあります。

 

スマートロック:開け閉め:イラスト画像

シェアハウスにてスマートロック導入のイメージ

 

スマートロック・スマートキーのポイント (シェアハウス経営)

基本的にスマートフォンの専用アプリで鍵の開閉をおこないます。

既存の錠前に簡単に取付けられる商品も多く開発されています。

物理的なカギが不要になるため、オーナーや管理会社は下記のようなメリットがあります。

 

  • 入居時や退去時のカギの受渡しが不要になる
  • 合いカギの保管が不要になる
  • カギの紛失やその対応が不要になる
  • パソコンで一括管理できる製品もある

 

また、鍵を開閉できる期間や回数を制限することもできます。

内見やイベント時などにうまく利用することが可能になります。

 

スマートロック・スマートキーの注意点 (シェアハウス経営)

ガラケーなどの携帯電話には対応できません。

ただし、シェアハウスの利用者は若者が多く、ほぼ全てがスマートフォンを持っているので大きな問題はないといえるでしょう。

 

スマートロックは、基本的に内部の電池で動いています。

そのため、電池が切れるとカギの開閉ができなくなる機種もあります。

定期的な電池の残量チェックや交換の作業が必要になります。

 

利用者のスマートフォンの充電が切れてしまった場合も、カギの開閉ができなくなってしまいます。

オートロックの機能がある場合、手元にスマートフォンがないと締め出されてしまうこともあります。

 

また、建物のWi-Fi(無線LAN)を利用して開閉するタイプの製品もあります。

Wi-Fiの通信環境によってはカギの開閉がしづらくなる可能性があります。

 

従来のカギと比較すると、スマートロックの価格は割高になりがちです。

予算や利便性を考えて採用する必要があります。

 

 

 

 

事例コンテンツ(シェアハウス経営)

 

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

 

 

 

 

スポンサーリンク