シェアハウスの間取りのイラスト画像
シェアハウスの共用部とは

 

スポンサーリンク

「共用部」とは (シェアハウス経営)

シェアハウスにおける「共用部」とは、入居者用の個室以外のほぼすべての部分が該当します。

玄関、キッチン、リビング(ラウンジ)、トイレ、シャワー室、リネン室、洗面所、ベランダなどは共用部です。

「コモンスペース」と呼ぶこともあります。

これらの共用部を入居者全員でシェアして生活します。

 

 

「共用部」のポイント (シェアハウス経営)

「生活しやすいシェアハウス」を念頭に共用部をつくることがポイントです。

キッチンでの料理、リビングでのくつろぎ、洗面所での身じたくなど、毎日の生活がスムーズにおこなえる共用部が必要になります。

もし自分がこのシェアハウスで生活をしたら・・・と考えて、入居者が利用しやすい物件にすることが重要です。

 

 

「共用部」の注意点 (シェアハウス経営)

注意を促す人の写真画像

「共用部」設計の注意点

 

シェアハウスを経営する際には間取りを作成しますが、共用部の設計は大きなポイントになります。

共用部をせまくしすぎると、毎日の生活がしづらくなり入居者の交流も少なくなってしまいます。

また、シェアハウスに必要な共用部が設計されていない物件もあるので注意が必要です。(下記の事例)

 

かぼちゃの馬車:間取り:写真画像:

共用部が十分でない間取りの例

 

 

 

個室と共用部の広さのバランスを取ることが、安定したシェアハウス経営につながります。

 

 

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

 

スポンサーリンク