清掃員のイラスト画像
シェアハウスの共用部の清掃・掃除とは

 

 

スポンサーリンク

シェアハウスの「清掃・掃除」とは

シェアハウス経営における清掃は、主に「共用部」を掃除することを指します。

 

水回り設備など共同生活のために入居者同士がシェアしている部分は、定期的な清掃が必要になります。

各人の個室内の清掃は、入居者がおこないます。

 

 

シェアハウスの清掃・掃除のポイント

 

清掃する部分は、トイレやキッチンなどの「水回り設備」と、玄関や廊下などの「その他の共用部」です。

 

物件の規模に合わせた内容で、定期的に清掃をおこないます。

清掃は、管理会社や清掃会社が担当する場合と、入居者の当番制の場合とに分かれます。

 

シェアハウス経営では、共用部の清掃の管理はとても重要なポイントです。

入居者が快適に共同生活を送ることができるようにしないと、安定したシェアハウス経営はできません。

 

 

シェアハウスの清掃・掃除の注意点

どんなに立地・デザイン・内装が魅力的な物件であっても、シェアハウス内が清潔に保たれていないと住人には支持されません。

オーナーや管理会社の清掃に対する意識が低いと、ハウスが汚れてモラルも低下していきます。

特に女性の入居者は掃除に敏感なので注意が必要です。

 

シェアハウスの清掃・掃除を「入居者の当番制」にしている物件もあります。

担当者によってどうしても清掃内容や質に差が出やすくなります。

ハウスの汚れだけでなく、トラブルの原因につながることもあるので注意が必要です。

 

また、シェアハウスの清掃はコロナウイルス感染症の対策としても重要な意味を持っています。

同じ建物内で共同生活をするシェアハウスでは、通常のアパートやマンションよりも感染のリスクは高いといえます。

感染の被害や拡大を防ぐためにも、管理運営側の十分な対応が必要になります。

 

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク