防犯・セキュリティ対策のイラスト画像
シェアハウスの防犯・セキュリティ対策

 

スポンサーリンク

シェアハウスの防犯・セキュリティ対策

シェアハウスは一つの建物内で共同生活する賃貸住宅です。

トラブルを防止するためにも、防犯やセキュリティ対策をすることが重要になります。

特に「女性専用シェアハウス」を運営する場合には、入居者側の要求レベルを理解して対策しましょう。

 

一方、シェアハウスは一般のワンルームアパートよりも防犯性が高い面も持っています。

隣室がどんな人かわからなかったり、ストーカー被害に合ったりするということがほとんどありません。

しっかりした管理会社であれば、賃貸借契約書やハウスルールを細かく定めてトラブルを回避するノウハウを持っています。

 

防犯・セキュリティ対策のポイント

防犯カメラ:室内:写真画像

 

シェアハウスの防犯・セキュリティ対策で抑えるべきポイントは下記のとおりです。

 

  • 契約書・ハウスルールの作成と徹底 
  • トラブル時の迅速な対応

 

 

最も重要なのは、防犯を意識したシェアハウスの「賃貸借契約書・ハウスルール」です。

契約書の中に防犯に関する内容を盛り込み、契約時には入居予定者にしっかりと説明することが重要です。

契約書に書き入れない内容や具体的な事例などは、ハウスルールとしてまとめて説明をおこないます。

 

また、実際に防犯上のトラブルが発生した場合には、オーナーや管理会社がすぐに対応することが重要なポイントです。

対応が遅れたりあいまいな対応だったりすると、住人に不安が広がります。

退去が続いてシェアハウス経営に大きな影響を及ぼすケースもあるので注意が必要です。

 

防犯・セキュリティ対策の注意点

シェアハウスの防犯・セキュリティ対策で注意する設備は「玄関まわり」です。

シェアハウスの出入り口は、入居者が共用する玄関だけであることも少なくありません。

そのため、玄関ドアに採用するカギの種類やその管理・運用方法が重要になります。

 

また、ハウスに家族や友人が訪問することを認めている物件は、玄関のカギや暗証番号の管理に注意する必要があります。

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

 

 

 

 

スポンサーリンク