シニア・高齢者のイラスト画像
「シニア・高齢者」のシェアハウスとは

 

スポンサーリンク

「シニア・高齢者のシェアハウス」とは

「シニア・高齢者のシェアハウス」は、大きくつの種類に分けることができます。

 

  • シニアと若者のシェアハウス
  • 自律したシニアのシェアハウス
  • 高齢者のシェアハウス

 

シニアと若者のシェアハウス 20~30代の若者とシニアが共同生活する
自立したシニアのシェアハウス 主に50代以降の自立した人同士が共同生活する
高齢者のシェアハウス 元気な高齢者同士で共同生活する(グループホームとは異なる)

 

 

「シニア・高齢者のシェアハウス」の特徴

シニアのシェアハウスは、「元気な人同士で共同生活するシェアハウス」というのが基本となります。

未婚・離婚などで独身のシニア向けの物件が増える可能性はあります。

仕事をしている人にとってはビジネス的な交流も生まれやすくなります。

 

「元気な高齢者が共同生活するシェアハウス」では、身の回りのことを全て自分でできる自立した高齢者同士が協力して生活します。

 

今後は、若者とシニア・高齢者が一緒に生活するシェアハウスという物件も増えていくかもしれません。

 

 「シニア・高齢者のシェアハウス」の注意点 

建物の設備が一般的なシェアハウスとは少し異なります。

階段に手すりが付いていたり、段差をなくすためにスロープがつけられているなど、高齢者向けの設備を充実させる必要があります。

 

シニアの入居者は、これまでの人生や仕事のキャリアも様々ですし、プライドを持っている人も少なくありません。

入居者同士の人間関係を良好に保つような管理をすることが重要になります。

 

高齢者の入居者は、ケガや病気、入院などでシェアハウスでの生活ができなくなる可能性も増加します。

シェアハウスで生活することができなくなったときの対応や、退去に関する取り決めを契約書などで取り決める必要があります。

また、高齢者は家族や経済的な事情などで簡単に転居ができないケースもあります。

緊急連絡先との協議や生活保護の申請などへの対応も考えておくことが重要です。

 

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

 

 

 

 

スポンサーリンク