ゲストハウスに宿泊しに来た外国人のイラスト画像
ゲストハウスとは(シェアハウス経営)

 

スポンサーリンク

「ゲストハウス」とは (シェアハウス経営)

ホステルやバックパッカーズなどとともに「宿泊施設の一種」を指します。

(母屋とは別に準備された客人向けの建物、という意味もあります。)

 

「建物内の共用部分を利用者でシェアする」ということやドミトリー(相部屋)があるためシェアハウスと混同されているケースがありますが、ゲストハウスとシェアハウスは別のものです。

 

ゲストハウス : 宿泊施設

シェアハウス : 賃貸住宅

 

ゲストハウスの特徴 (シェアハウス経営)

ゲストハウスはホステルやバックパッカーズと同様、ホテルと比べても安価に宿泊することができます。

リビングやトイレ、シャワーなど、寝室以外は利用者で共用するタイプの宿泊施設です。

設備やアメニティ、朝食の有無などは各宿によって異なります。

 

ゲストハウスの注意点 (シェアハウス経営)

注意を促す人の写真画像

ゲストハウスの注意点

 

前述のとおり、ゲストハウスは宿泊施設であり、賃貸住宅ではありません。

法律は旅館業法が適用され、それに合わせた建物や設備にして保健所の許認可を取得しなければなりません。

 

数日~数週間など1か月未満の利用は基本的に宿泊となり、賃貸借契約ではありません。

ゲストハウスだけでなく、ウィークリーマンションや民泊は賃貸住宅ではないため賃貸借契約は認められないので注意が必要です。

旅館業 賃貸業
  • ホテル・旅館
  • カプセルホテル
  • ゲストハウス・ユースホステル
  • 民泊(住宅宿泊事業)
  • ウィークリーマンション
  • アパート・マンション
  • マンスリーマンション
  • シェアハウス

 

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク