シングルマザー(母と子)の写真画像
シングルマザー専用のシェアハウスとは

 

スポンサーリンク

シングルマザーのためのシェアハウスとは

シェアハウスの中には、シングルマザー(母子家庭)を対象にした物件が存在します。

シングルマザー同士で共同生活するという、一種のコンセプトを持ったシェアハウスです。

東京だけでなく全国で開設されており、自治体が乗り出す例も出てきています。

 

 

シングルマザー専用シェアハウスの特徴

 

母子家庭を支援する賃貸住宅はまだ少なく、その中で「シングルマザー専用シェアハウス」は注目されています。

一般のシェアハウスとの差別化をする際には、大きな特徴となります。

 

シングルマザーとその子供たちがスムーズに共同生活を送れるように、物件の間取り・設計は綿密に計画をする必要があります。

たとえば、個室が広めのつくりになっていたり、玄関わきに世帯分のベビーカーを置けるスペースが確保されていたりします。

 

シェアハウスで共同生活することで、シングルマザーという同じ境遇や悩みを共有し、協力して家事や子育てをしながら生活することができます。

母親や家庭が孤立することを防ぐことにもつながります。

 

また、複数の母子家庭が共同生活する物件なので、スムーズに管理するための独自の管理規約やハウスルールも必要になります。

 

シングルマザー専用シェアハウスの注意点

シングルマザーにとって利便性の高い立地が重要になります。

たとえば、駅から近い、近所に保育園がある、などが想定されます。

 

一般のシェアハウスよりも、個室や共用部を広く取る必要があります。

そのため、収益面に注意して家賃や共益費の設定を行います。

 

また、複数のシングルマザーと子どもたちが生活するため「トラブル」も起こりやすくなります。

オーナーや管理会社は、独自の契約書やハウスルールを作成してトラブルを未然に防ぎ、トラブル発生時には迅速に対応する体制が不可欠です。

管理会社に委託する場合には、シングルマザーのシェアハウス管理の十分な経験がある会社を選択することが重要です。

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク