シャワーをあびる男性のイラスト画像
シャワー室とは(シェアハウス経営)

 

 

スポンサーリンク

シャワー室とは (シェアハウス経営)

シェアハウスの入浴設備として「シャワー室」を採用している物件も多くあります。

シャワー室のみの物件だけでなく、シャワー室とお風呂の両方を設置した物件も。

(お風呂のみの物件もあります。)

 

シャワーユニットがずらっと並んでいるようなものでなはく、一人一人が個別で使用できるようなものが多くなっています。

 

シャワー室の写真画像

シェアハウスのシャワー室

 

 

シャワー室のポイント (シェアハウス経営)

シャワー室とお風呂は、いずれも「脱衣所」が必要になります。

脱衣所のドアにはカギがかかるようになっており、個室のカギやスマホを持ち込んでも安心して利用できます。

 

シェアハウスのシャワー室の図面の写真画像

シャワー室(US)と脱衣所

 

 

  • 設置スペースが小さくて済む
  • 入浴の時間を短くできる
  • 入居者があまり待たずに利用できる

 

一般的なシェアハウスのシャワー室の面積は、脱衣所を含めても23平米くらいです。

スペースが小さくて済むので、シェアハウスの規模や人数に合わせて複数のシャワー室を設置しやすくなります。

また、シャワーの時間は長くても1人あたり30分程度ですので、入居者があまり待たずにスムーズに利用できます。

 

シャワー室の注意点 (シェアハウス経営)

 シェアハウスの入居者の中には、お風呂がある物件を希望する人もいます。

シャワー室のみの物件では、「ゆっくりとお湯につかりたい」というニーズには対応できません。

 

とくに女性はお風呂(浴槽)を希望することも多いので、シャワー室だけでは機会損失につながる可能性があります。

女性専用のシェアハウスなど、女性をメインターゲットにする際には注意が必要です。

 

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク