契約をあらわす写真画像
「サブリース新法」とは

 

スポンサーリンク

「サブリース新法」とは (シェアハウス経営)

サブリース新法の正式名称は、「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」です。

これにより、「サブリース(転貸借)事業者」に法規制がかかりました。(2020年12月15日施行)

 

サブリース新法の主な目的は、物件所有者(オーナー)とサブリース業者のトラブル防止にあります。

オーナーとサブリース業者が締結する「マスターリース契約」が適切に行われることを重要視しています。

 

サブリース新法のポイント (シェアハウス経営)

サブリース新法ではマスターリース契約だけでなく、広告や勧誘についても規制しています。

主なポイントは下記のとおりです。(サブリース業者に関する事項)

 

ポイント(サブリース新法)
  • 誇大広告等の禁止(法第 28 条)
  • 不当な勧誘等の禁止(法第 29 条)
  • 契約締結前における契約内容の説明及び書面交付(法第 30 条)
  • 契約締結時における書面交付(法第 31 条)

 

 

※サブリース業者に対する規制・内容については、下記のサイトの解説を参考にしてください。

サブリース新法の解説(オーナー・不動産投資家向け)

 

サブリース新法の注意点 (シェアハウス経営)

サブリースを扱う業者は、1戸からでも新法の対象になります。

マスターリース契約締結前には、「重要事項説明」が義務付けられます。

 

また、サブリース業者と組んでサブリースによる賃貸住宅経営の「勧誘を行う者(勧誘者)」についても規制の対象となります。

不動産業者だけでなく建築業者やコンサルティング会社、また個人であってもサブリース事業を提案する側の責任が問われます。

 

違反した業者・勧誘者には、監督処分や罰金が科されますので注意が必要です。

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク