Q&A:写真画像
よくある質問(Q&A)シェアハウスのオーナー向け

 

シェアハウス運営・管理に関する疑問を「Q&A」でまとめました。(オーナー・管理会社向け)

より詳細がわかるコンテンツの紹介もしています。

 

シェアハウスとはどのようなものですか。

シェアハウスは、ひとつの建物内において複数人で共同生活する賃貸住宅です。昔の学生寮のようなイメージの物件です。

(関連コンテンツ : シェアハウスとは

シェアハウスの入居者はどのような人が多いですか。
20代~30代の社会人が中心です。
男女や外国人の比率は、物件や管理会社によって異なります。
男女が一緒に暮らしてトラブルはありませんか。

入居者とは定期借家契約を締結し身分証明書を確認するので、大きなトラブルは起こりにくくなっています。
トラブルが発生した場合は管理会社がすぐに対応します。

(関連コンテンツ : シェアハウスのトラブルについて

入居者に保証人や保証会社をつけなくて大丈夫ですか。
家賃が払えない入居者は期限が来れば契約が満了し退去になります。(定期借家契約)
そのため居座りや明け渡し訴訟はほとんど起こりません。
(関連コンテンツ : シェアハウス経営のメリット
入居者の募集に不動産仲介会社を利用しないのはなぜですか。

シェアハウスは管理会社が貸主になることが多く、入居者と直接に契約を締結します。
そのため仲介(媒介)業務や手数料が必要ありません。

(関連コンテンツ : シェアハウスは仲介会社がいらない

オーナーによる自主管理が難しいのはなぜですか。
シェアハウスの管理業務は、入居者募集からトラブル対応まで多岐にわたります。
そのため管理会社に委託するケースが多くなります。
(関連コンテンツ : 個人で始めるシェアハウス
外国人の入居者について注意するポイントはありますか。

契約書・ハウスルールを理解してもらい納得して入居してもらうことが重要です。
契約時は「在留カード」の確認も必ず行います。

(関連コンテンツ : 在留カードの確認と審査について

今後のシェアハウス経営の可能性について教えてください。
シェアハウスに入居を希望する若者は多く、需要はおとろえていません。
特に東京は人気が高く、入居率が高くなっています
なぜシェアハウスは若者に人気があるのですか。

アパートやマンションに比べて初期費用が少なく、家具・家電もそろっているため手軽に入居できるからです。
入居者同士の交流により楽しく生活できることも魅力となっています。

(関連コンテンツ : シェアハウスの魅力について

シニア・高齢者のシェアハウスの今後の可能性について知りたいです。
生活時間・健康面など、若者が中心のシェアハウスとは異なる点も多くあります。
課題を解決できれば差別化が可能になります。
入居者の募集方法はどのように行うのでしょうか。

基本的にはインターネットで行います。シェアハウスのポータルサイトや自社ホームページ、SNSなどを活用します。個人のオーナーでも簡単に募集することができます。

(関連コンテンツ : 入居者募集の方法

ゲストハウスとは違うのでしょうか。
一般的には、ゲストハウスは宿泊施設とみなされています。シェアハウスは住宅施設です。
(関連コンテンツ : ゲストハウスとの違いについて
テーマやコンセプトのない物件は運営するのが難しいでしょうか。

シェアハウスは、初期費用や利便性でアパートやマンションとは異なる価値を提供することができます。必ずしもテーマ・コンセプトが重要であるわけではありません。

(関連コンテンツ : 物件のテーマ・コンセプトについて

入居や退去がしやすいと「夜逃げ」はおきませんか。
アパート等と比較して特に夜逃げが多いということはありません。
また、シェアハウスは夜逃げが発生してもオーナーや管理会社の損害が少ないという特徴があります。
(関連コンテンツ : シェアハウスの夜逃げについて
家賃滞納の対応はどのように行ないますか。

保証人や保証会社を設定しないケースが多いので厳格に対応します。支払いが困難な入居者には契約に基づいて退去してもらいます。

(関連コンテンツ : シェアハウスの家賃滞納について

シェアハウスの浴室の設備はどのようなものが良いですか。
シャワー室や浴槽付きの浴室です。大浴場を設置することはほとんどありません。
物件の規模やターゲット層を考えてタイプや数を決めます。
シャワー室にはコイン式を採用するケースもあります。
(関連コンテンツ : シャワー室とお風呂について
ハウスの巡回はどれくらいの頻度でおこなえば良いですか。

物件の規模により頻度は異なりますが、最低でも週に1回は巡回することが重要です。
物件の案内などと同時におこなっても構いません。

(関連コンテンツ : ハウス巡回の方法

入居者とはどのように契約をむすびますか。
シェアハウスは入居者と「定期借家契約」をむすぶことがほとんどです。
アパート等の普通賃貸借契約とは異なる部分がありますので注意が必要です。
(関連コンテンツ :定期借家契約の手順について
定期借家契約書はどのように作成すればよいのですか。

定期借家契約は書面や記載内容などに気をつけて作成する必要があります。
契約書の要件を満たすように慎重に作成してください。

(関連コンテンツ : 定期借家契約書のつくりかた

入居者の友人や家族のハウス訪問のルールはどのように設定すればよいですか。
友人や家族のハウス訪問は、契約書やハウスルールに明記して説明することが重要です。
ルールがあいまいだったり守られなかったりすると、ハウスの秩序が乱れ防犯上の懸念も高まります。
(関連コンテンツ : 友人や家族のハウス訪問について
空き家をシェアハウスにすることはできますか。

はい。空き家をリノベーションしてシェアハウスにしている例は多数あります。

(関連コンテンツ :  空き家をシェアハウスにする
入居者の審査はどのように行なっていますか。
シェアハウスの入居時には、保証人や保証会社を不要にしているケースも多くあります。
そのため、独自の審査ノウハウが必要になります。
(関連コンテンツ : 入居時の審査について
Ⓒシェアハウス経営の教科書