下駄箱のイラスト画像
シェアハウスの玄関について

 

スポンサーリンク

シェアハウスにおける「玄関」とは

シェアハウスは一つの建物内での共同生活であるため、1つの玄関を共用するケースがほとんどです。

人が常に出入りする場所ですので、毎日の使いやすさが求められます。

 

 

玄関のポイント

シェアハウスの玄関のポイントは、大きくわけて2つあります。

 

・機能性・ルールの作成

・安全性・セキュリティ対策

 

ドア・カギ・くつ箱・ポストなど、入居者が利用しやすい玄関の機能が求められます。

玄関に靴が散乱しないように、契約書やハウスルールで管理を行う必要があります。

 

また、シェアハウスによっては家族や友人の訪問・宿泊やパーティーの開催を認めていることもあります。

トラブル防止のために、玄関のカギや暗証番号の管理、防犯カメラの設置など安全面での配慮も重要になります。

 

 

玄関の注意点

入居者の靴をしっかりと収納できる靴箱を設置しておきましょう。

一人当たり2~3足の収納量は確保したいところです。

また、玄関の利用ルールを明確にして入居者には厳守してもらいましょう。

ルールやその徹底をあいまいにしておくと、玄関が入居者の靴であふれてしまうことにつながります。

 

玄関は人の出入りがある唯一の場所のため、セキュリティ対策も重要です。

部外者が出入りできないように玄関のカギや暗証番号の厳重な管理が求められます。

入居者の家族・友人の訪問やハウスパーティーに対応する際にも、暗証番号が漏洩しないような対策が必要です。

 

物件内に空室があり入居希望者が部屋の見学を行うときには、まずは玄関がそのハウスの印象を左右することになります。

靴が散乱していたり整理整頓がなされていなかったりすれば、入居者のモラルや管理会社の能力が疑われることとなりかねません。

シェアハウスに関わる人が常に気持ちよく玄関を利用できるような、設備とルールの徹底が求められます。

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク