アナログ式の暗証番号キーのイラスト画像
シェアハウスの暗証番号キーについて

 

 

スポンサーリンク

暗証番号キーとは

暗証番号を利用して開錠するタイプの鍵(カギ)です。

ここでは、シェアハウスの玄関に使用するタイプのものについて解説しています。(シェアハウスの個室にも設置可能)

 

商品は、大きく分けて2つあります。

 

・アナログ式

・デジタル式

 

 

暗証番号キー:アナログ:写真画像

アナログ式の暗証番号キー

 

 

暗証番号キーの写真画像

デジタル式の暗証番号キー(液晶画面の商品もある)

 

 

 

暗証番号キーのポイント

アナログ式の暗証番号キーは、耐久性が高く、わずらわしい管理が不要なのがメリットです。ほとんど壊れることがありません。

 

デジタル式の暗証番号キーは、利用者の視認性や操作性のしやすさがメリットです。

液晶などのバックライトにより、夜でも簡単に操作ができます。

 

既存のドアに付けられるものや工事が必要なものなど設置方法は商品によって異なるので、シェアハウスの企画や建築の際に準備をしておきましょう。

 

暗証番号キーの注意点

シェアハウスの玄関に暗証番号キーを採用すれば、カギを入居者全員に配布する必要もなく管理もしやすくなります。

 

暗証番号キーは、番号を知っている人は誰でも開閉できます。

そのため、番号の管理などのセキュリティ対策が重要になります。

定期的に暗証番号を変更する措置や、メールなどで入居者全員に告知する業務が必要です。

必要に応じて簡単に暗証番号を変更できる商品を設置しておくと、その後の管理がスムーズにできます。

 

また、デジタル式の暗証番号キーは基本的に内部の電池で作動しているので、電池の残量に注意して電池切れの際は現地で交換するという業務が必要になります。

 

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク