案内する女性の写真画像
シェアハウスの「入居者募集から契約まで」手順とノウハウを解説

 

シェアハウスも含め賃貸物件の運営において、空室の対策と入居率の向上はもっとも重要な課題といえるでしょう。

このコンテンツでは、シェアハウスの「入居者募集から入居契約」の業務について情報をまとめました。

20棟・300室のシェアハウスを運営している管理会社にたずさわり、10年以上の経験がある筆者が、プロの視点から解説しています。

 

シェアハウス「入居者募集」の方法

シェアハウスの入居者募集のしかたは、アパートやマンションとは少し異なります。

シェアハウスの入居希望者は、物件の情報をインターネットで探します。そして不動産仲介会社を通さずに、物件のオーナーや管理会社と連絡を取ります。

入居者を募集する際には、このような業界の事情や慣習をふまえて行わなければなりません。

 

詳細は、下記のコンテンツで解説しています。

 

シェアハウス「物件の案内」(見学)の方法

入居希望者に対するシェアハウス物件の案内(見学)は、オーナーや管理会社がおこないます。

アパートやマンションと異なりシェアハウスは共同生活ですので、案内やその方法も特別なノウハウが必要になります。

物件の案内と同時に人物の「審査」をすることがとくに重要です。

 

見学(内見)の方法は、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

入居希望者の「審査」のしかた(シェアハウス)

シェアハウスの入居希望者の審査では、共同生活を前提とした「協調性」のチェックを重要視します。

実際の「人となり」やコミュニケーションを確認して、契約内容やハウスルールを守って他の入居者とうまくやっていける人物かどうかを見極める必要があります。

 

審査の方法やチェックするべきポイントは、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

シェアハウスの「賃貸借契約」の方法(定期借家契約)

入居希望者に対する審査が終わったら、賃貸借契約を結びます。

シェアハウスの賃貸借契約は、「定期借家契約」ていきしゃくやけいやくであることがほとんどです。

定期借家契約は「あらかじめ期間を定めた契約」であるため、期間がくれば契約が満了します。

オーナーや管理会社にとっては、問題がある入居者がいても期限が来れば退去してもらうことができるので安心な契約形態となっています。

優良な入居者とは「再契約」を締結すれば、そのまま継続して入居し続けてもらうことができます。

 

定期借家契約の詳細は、下記のコンテンツで詳しく解説しています。

 

その他の関連業務など(シェアハウス運営・管理)

シェアハウスの入居者募集・契約業務に関連して、その他のコンテンツをまとめました。

シェアハウスの運営・管理の際に重要な内容ですので、参考にしてください。

 

シェアハウス経営をサポートします
シェアハウスの個室:写真画像:

シェアハウスの経営・運営を考えている個人・法人をサポートしています。

シェアハウスは正しい方法で運営しないと成功しません。

本気で行動したい方だけにノウハウの提供と信頼できる会社のご紹介をしています。