検索をしている女性のイラスト画像
シェアハウス物件を掲載するポータルサイトとは

 

スポンサーリンク

ポータルサイトとは (シェアハウス経営)

シェアハウス物件のオーナーや管理会社が入居者を募集する際には、シェアハウスの「ポータルサイト」に掲載をすることが一般的です。

ポータルサイトとは、情報の入り口となるサイトのことです。

 

賃貸アパート・マンションでいえば、「スーモ」や「ホームズ」などのサイトに当たります。

シェアハウスにも物件を探せるポータルサイトがいくつか存在します。

 

ポータルサイトはマーケティングに活用することもできます。

エリアの物件数などを調べるだけでなく、周辺にどんなシェアハウスがあるかをチェックして差別化の戦略につなげてもよいでしょう。

 

ポータルサイトの特徴 (シェアハウス経営)

基本的には、ポータルサイトの掲載はネットやメールのやり取りで可能です。

管理画面にアクセスするアカウントを取得し、物件情報や写真を入力していきます。

 

固定の掲載料がかからない場合も多く、入居希望の問合せに対する「課金」が料金の主流です。

問合せ1件につき500円程度の課金が多いようです。

 

※ポータルサイトとシェアハウス管理会社のホームページを混同しやすいので注意

 

スマホで検索する人も多いので、スマホに対応していて操作がしやすいサイトがより重要になります。

 

ポータルサイトの注意点 (シェアハウス経営)

注意を促す人の写真画像

ポータルサイトの注意点(シェアハウス)

 

ポータルサイトによっては、掲載できる物件の「基準」を設けている場合があります。

たとえば、ポータルサイトの担当者が物件を訪問し、基準をチェックしてからでないと掲載できないサイトもあります。

 

また、全国に対応していないポータルサイトもあります。

地方の物件をポータルサイトに掲載するときは、確認が必要です。

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

スポンサーリンク