シェアハウス管理会社のスタッフのイラスト画像
シェアハウスの管理会社とは

 

 

スポンサーリンク

シェアハウスの「管理会社」とは

シェアハウスのオーナーは、専門の管理会社に委託するケースが多くなります。

その理由は、シェアハウスの管理内容が一般のアパート・マンションにくらべて多岐にわたることによります。

主な管理内容は下記のとおりです。

 

管理業務 業務の内容
入居者募集 ・ポータルサイト掲載・問合せ対応
・自社サイトの運用
物件案内・見学 外国語対応も
契約 入居審査の内容・定期借家契約・ハウスルール(外国語対応も)
金銭管理 入金・滞納の対応
清掃 共用部の定期清掃・退去後の室内清掃
トラブル対応 トラブルの解決・苦情の受付・物件の巡回
退去 室内チェック・金銭処理・清掃
その他 イベントの開催など

 

シェアハウス管理の特徴

サブリース・マスターリースの仕組み:図解:写真画像

サブリース方式(国土交通省)

 

シェアハウスの管理会社は、オーナーとマスターリース契約を結んで物件を一括借上げし、入居者に転貸(サブリース)するケースが一般的です。

サブリース方式により、管理会社は入居者の貸主となり、募集から解約まで一手に担うことができます。

これによりきめ細かなサービスやトラブルへの迅速な対応が可能になります。

 

シェアハウス管理にかかる費用はマスターリース契約の内容によって異なりますが、アパートやマンションの管理と比べて割高になることが多いです。

管理会社によっては、オプション(別料金)が設定されている場合もあります。

 

シェアハウス管理会社の注意点

注意を促す人の写真画像

シェアハウス管理会社の注意点について

 

シェアハウスのマーケットが拡大するにつれ、運営や管理に参加する会社も増えています。

シェアハウス経営は、入居者の満足と安定した運営のための「管理」がとても重要になります。

管理会社がおこなう「管理内容」をしっかりと確認する必要があります。

 

シェアハウスは間取りや設備などの「ハード」とハウスルールやトラブル対応などの「ソフト」の両方がないと安定して運営することはできません。

 

とくに「ソフト面」が重要です。

共同生活である以上、一定のトラブルは発生します。

トラブルに迅速に対応し、早期に解決することができるかどうかも運営する管理会社次第です。

 

入居者がストレスなく生活でき、長く住みたくなるようなシェアハウスを運営する管理会社が求められています。

 

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク