シェアハウスの巡回・管理する女性スタッフのイラスト画像
ハウス巡回とは(シェアハウス経営)

 

スポンサーリンク

「ハウス巡回」とは (シェアハウス経営)

通常、シェアハウスには管理人が常駐していません。

そのため、シェアハウス管理会社のスタッフが物件を定期的に巡回します。(オーナーの自主管理の場合はオーナーが行ないます。)

ハウス巡回の名称は管理会社によって異なります。

 

シェアハウスは共同生活のため、事前に書面や口頭で説明をしていても色々なことが起こります。

契約書の内容やハウスルールが守られているかどうかは、実際に物件を訪問してハウス内を確認する必要があるのです。

 

ハウス巡回のポイント (シェアハウス経営)

書類を持って訪問する女性のイラスト画像

ハウス巡回は定期的におこなうのがポイント

 

 

定期的に物件を訪問して点検をすることが重要です。

巡回の頻度は「1週間に1回以上」が目安になります。

シェアハウスの規模や人数によって、物件訪問の頻度を調整して巡回をおこないます。

ハウス内で退去の立会いがあったり、空室の案内(見学)の予定があったりする場合は、その時に巡回をすればOKです。

 

効率的にハウス巡回をおこなうためには、物件を訪問する前に準備を行ないます。

チェックリストや必要な備品などを準備して持参します。

 

ハウス巡回の注意点 (シェアハウス経営)

ハウス巡回の頻度が少ないとハウス内の異変に気付くのが遅れ、クレーム・トラブルが起こりやすくなってしまうので注意が必要です。

シェアハウスは共同生活ですので、定期的な巡回によって住みにくさやトラブルにつながる可能性について、早期に把握しておく必要があります。

 

できるだけ同じ担当者がハウス巡回をおこなうと、物件内の異変に気が付きやすくなります。

ルールが守られていないなどの異変を感じたら、すぐに対応するようにします。

 

また、入居者にはハウスルールを守るという緊張感を持ってもらうためにも、定期的な巡回は必要になります。

オーナーや管理会社がハウスを巡回することで、入居者もルールを守る気持ちが高まります。

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク