シェアハウスの部屋のイラスト画像
シェアハウスの部屋のタイプ

 

 

スポンサーリンク

シェアハウスの部屋のタイプ

入居者の住まいとなる部屋のタイプは、大きくわけて3種類があります。

 

  • 個室 
  • ドミトリー 
  • セミプライベート

 

部屋タイプの特徴(シェアハウス)

個室の特徴

シェアハウスの個室:写真画像

シェアハウスの「個室」

 

入居者が一人で使用する部屋です。

広さは、4.5~6畳くらいが一般的です。

 

8畳などの広めの部屋は、2人での入居を認めることもあります。(カップルなど)

 

ドミトリーの特徴

シェアハウスのドミトリーの写真画像

シェアハウスの「ドミトリー」

 

いわゆる「相部屋あいべや」です。

たとえば、2段ベッドなどを設置して収容人数を増やして収益力を高めます。

 

 

セミプライベートの特徴

シェアハウスのセミプライベート写真画像

シェアハウスの「セミプライベート」

 

こちらも相部屋ですが、通常のベッドの周りに仕切りをして各人のプライバシーを高めているタイプの部屋です。

採用されている数は少ないと思われます。

 

部屋タイプごとの注意点

個室の注意点

シェアハウスの部屋タイプは「個室」がメインとなっています。

多少せまい部屋でも、駅に近かったり家賃が安かったりすれば需要はあり、入居希望者を募集することはできます。

個室には窓の確保をしなければなりません。

建築基準法により床面積の1/7以上の面積の窓が必要です。

 

ドミトリー・セミプライベートの注意点

相部屋のため、個室に比べて管理・ルールの整備をきめ細かく行わないとトラブルが増加しやすくなります。

 

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク