握手する人の写真・画像
シェアハウス運営「3つの管理方法」について

 

不動産オーナーがシェアハウス経営をする際には、シェアハウス管理会社と「サブリース契約」をむすぶことが多くなります。

このコンテンツでは、「シェアハウス経営におけるサブリース契約」についてまとめました。

 

シェアハウス管理会社でサブリース契約書を作成・締結してきた筆者の経験をまとめてあります。

より詳細なコンテンツへのリンクも掲載していますので、知りたいことを効率的にチェックできます。

 

物件オーナーと管理会社の双方が「サブリース契約」についての理解を深めることで、トラブルを少なくして良い関係を築くことが可能になります。

良質なシェアハウスの供給のためにも、サブリース契約について学んでいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

サブリース契約とは(シェアハウス編)

サブリース契約とは、オーナーがシェアハウス管理会社に「入居者への転貸」を前提として「建物を一括賃貸する」契約です。

契約書に不備があると、単なる賃貸借契約や管理契約となるケースもあるので注意しましょう。

 

サブリースの一般的な契約関係のイメージ:写真画像

サブリース契約のイメージ(国土交通省のサイトより)

 

この「転貸を前提とした建物一括賃貸契約」というのがポイントです。

これにより、シェアハウス管理会社は自社で入居者を募集して契約することができるようになります。

入居者にとっての「貸主」は管理会社となるため、入居者の対応など臨機応変な管理が可能になります。

 

サブリース契約のメリット・デメリット(シェアハウス編)

当然ですが、サブリース契約にはメリットもデメリットもあります。

オーナーや管理会社は、内容を把握し納得のうえで契約することが重要です。

詳細は、下記のコンテンツで解説しています。

 

オーナーが注意するポイント(シェアハウスのサブリース契約)

サブリース契約はオーナーに対する「家賃保証」されている内容のものが一般的です。

しかし、シェアハウスのサブリース契約では必ずしもそうではないケースもあるので注意しましょう。

サブリース契約の中には「変動家賃」の形態のものもあるのでよく確認することが重要です。

詳細は、下記のコンテンツで解説しています。

 

サブリースの規制に向けて新法制定が検討されている(国土交通省)

サブリース契約の問題点が一部で表面化しており、国土交通省が法律の整備を検討しています。

物件所有者(オーナー)は新法の内容や動きをチェックして、サブリース業者が新法に対応できているかどうかを自分でも見極めることが重要です。

管理会社(サブリース業者)は新法の内容について把握し、制定後は適切に対処できるように準備をしておく必要があります。

詳細は、下記のコンテンツで解説しています。

 

サブリース契約書・資料・情報など(ひな形あり)

ノートパソコン:資料:準備:写真画像

「サブリース契約」に関連する資料・リンク集

 

サブリース契約に関連する資料やリンクを紹介します。

 

「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000018.html

 

アパート等のサブリース契約を検討されている方は契約後のトラブルにご注意ください
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_011/pdf/caution_011_181026_0002.pdf
平成30年3月27日:公表 平成30年10月26日更新(金融庁・消費者庁・国土交通省)

 

賃貸住宅管理業務に関するアンケート調査結果の公表
(国土交通省 令和元年12月18日)

 

(参考)日本経済新聞(スルガ銀行の投資用不動産の不正融資に関する調査結果)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44831680V10C19A5MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44823590V10C19A5EE9000/?n_cid=SPTMG002

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

【関連コンテンツ】

 

スポンサーリンク