賃貸経営で家賃を得る夫婦のイラスト画像
マスターリース契約の「家賃保証」とは

 

スポンサーリンク

家賃保証とは (シェアハウス経営)

物件オーナーが管理会社と結ぶマスターリース契約の中には、いわゆる「家賃保証」「保証家賃」と言われる内容のものがあります。

一般的には、「オーナー対して空室の有無にかかわらず毎月一定の家賃を支払う」というものです。

ただし、不動産会社や管理会社によって異なることもありますので、内容をよく確認するようにしましょう。

 

家賃保証のポイント (シェアハウス経営)

一般的なマスターリース契約では基本的に固定賃料ですが、シェアハウス等では「変動賃料」の契約の場合もあります。

変動賃料の場合は毎月の家賃は保証されず、 サブリース事業 = 家賃保証 ではないケースも存在します。

 

  • 固定家賃(空室の有無にかかわらず一定の賃料が支払われる。)
  • 変動家賃(空室の家賃は保証されない。管理委託と称する場合もある。)

 

家賃保証の注意点 (シェアハウス経営)

「家賃保証」という言葉に注目してしまうと、契約内容を見誤ることがあるので注意が必要です。

 

家賃の減額も

固定家賃の場合の「家賃保証」は、マスターリース契約によって「空室の有無にかかわらず家賃が支払われる」ことを指すことが一般的です。

必ずしも「契約時に定めた家賃が期間中ずっと支払われる」ことを意味しないことも。

状況によって家賃の額が変動する契約の場合もあります。

 

上記の注意点をまとめると、「空室の有無にかかわらず家賃は支払われるが、契約期間中に家賃の減額が行われることもある」ということです。

(契約内容によって異なります)

 

サブリース新法を確認する

2020年12月より、いわゆる「サブリース新法」の一部が施行され、サブリース業者による「重要事項説明」が義務付けられています。

契約内容の誤認やトラブルの防止が目的です。

違反したサブリース業者などは、罰則や行政処分の対象となります。

 

※サブリース業者に対する規制・内容については、下記のサイトの解説を参考にしてください。

サブリース新法の解説(オーナー・不動産投資家向け)

 

 

【関連コンテンツ】

 

 

【事例コンテンツ(シェアハウス経営)】

 

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

スポンサーリンク