アンケートの写真画像
シェアハウスのアンケート結果を解説

 

シェアハウスのポータルサイト東京シェアハウスがシェアハウスに関するアンケートを実施しました。

その回答結果から、シェアハウスを利用する人々の意識や考えを伺い知ることができます。

シェアハウスのオーナーや管理会社にとっても有益な情報といえるでしょう。

運営側の視点からアンケート結果のポイントを考察してみました。

 

スポンサーリンク

シェアハウスに関するアンケートの内容

●対象 : 東京シェアハウス(ポータルサイト)の利用者

●期間 : 2020年3月〜2021年2月

●結果 : シェアハウス未経験者、経験者、合わせて663名から回答

 

回答者の属性

  • シェアハウスの経験がない 約70%
  • シェアハウスの経験がある 約30%

 

  • 男性 約45%
  • 女性 約55%

 

 

アンケートのテーマ

  • シェアハウスへの入居を考えたきっかけ
  • シェアハウス生活に期待すること

 

「シェアハウスへの入居を考えたきっかけ」

 

以前から興味があった (25%)

ネットなどで知り興味を持った (23%)

寮などで共同生活を経験したことがある (約21%)

※1つ選択

 

シェアハウスの入居(きっかけ)に関しては、興味のある人はもちろんのこと、寮など共同生活の経験者が検討していることが伺えます。

シェアハウスのポータルサイトには、共同生活に理解を示す人が訪れていると言えるでしょう。

 

「シェアハウス生活に期待すること」

 

生活費の節約 (約80%)

交友関係を広げられる (約50%)  

一人暮らしの部屋にはない設備 (約40%)

※複数選択可

 

トップの「生活費の節約」には 80% 以上の人が票を入れており、金銭面でもシェアハウスを魅力的に感じていることが分かります。

 

アンケート結果からの考察

検索をしている女性のイラスト画像

アンケート結果を考察します

 

このアンケートの結果を踏まえて、シェアハウスのオーナーや管理会社が参考にすべきポイントを見ていきましょう。

 

ポータルサイトの訪問者は、シェアハウスの未経験者を含めて「共同生活」を前提にしている人が多いことが伺えます。

このことは、ポータルサイト以外のシェアハウス物件のサイトでもおそらく同様でしょう。

 

またアンケート結果からは、生活費の節約の面でもシェアハウスへの期待が見て取れます。

物件内には主な家電や家具が備え付けてあり、水道光熱費やインターネット費用も固定されているという物件も多くなっています。

「引越しや買い物などの初期費用を節約できる」「毎月の生活費もおさえられる」というメリットが注目されているといえるでしょう。

 

このアンケートを踏まえてオーナーや管理会社は、物件に問合せをする人の意識について再認識しておきたいところです。

「シェアハウスでの共同生活への興味」「生活費の節約や交友関係の拡大」など、入居希望者はシェアハウスのメリットを意識しています。

シェアハウスの入居に期待感を高めている入居希望者に対して、いかに契約につなげることができるかが重要なポイントと言えそうです。

 

アンケート結果の注意点

注意を促す人の写真画像

ポイント・注意点

 

アンケート結果を見る際には注意点もあるので確認しておきましょう。

 

まず、このアンケート結果はあくまでもシェアハウスのポータルサイト「東京シェアハウス」のサイト利用者ということです。

つまり、シェアハウスに関して何らかの興味がある人が回答しているということです。

 

Googleなどの検索エンジンから「シェアハウス」などのキーワードで検索し、東京シェアハウスのサイトを利用した人が対象になっています。

近年はテレビ等で取り上げられることも増えてシェアハウスの一般的な認知度も上昇していますが、まだまだシェアハウスがどんなものなのかを理解していない人もいます。

今回のアンケートでは、そういった人の意見は含まれていないので注意が必要です。

 

Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

【関連コンテンツ】

スポンサーリンク