女性:4人:写真画像
Ⓒシェアハウス経営の教科書

 

女性で初めてシェアハウスに入居を考えている人にとっては、色々と不安もあると思います。

シェアハウスの中には女性専用の物件もありますので、それだとちょっと安心できますよね。

女性専用シェアハウスの管理・運営の経験が10年以上ある筆者が、物件の探し方をお伝えします。

メリット・デメリットもしっかりと把握して、自分に合ったシェアハウスを見つけていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

女性専用シェアハウスの探し方

 

シェアハウスのポータルサイトで探す

まずは、「シェアハウスのポータルサイト」で探してみましょう。

Googleなどの検索で「シェアハウス」と入力します。

検索結果にはシェアハウスのポータルサイトが出てくることが多いので、この中からいくつかのサイトを見てみましょう。

ポータルサイトでは、女性専用の物件が探しやすくなっているものもあります。

また、検索条件の絞り込みの機能があることも多いので試してみましょう。

 

主なポータルサイト
・ひつじ不動産
・シェアシェア
・シェアパレード
・ゲストハウスバンク
・シェアチャンネル

 

シェアハウス管理会社のサイトで探す

 

Googleの検索結果に出てくるサイトの中には、「シェアハウス管理会社」のページも含まれています。

気に入った物件や管理会社がある場合には、そのサイトの中から探してみましょう。

たとえば、女性専用のシェアハウスだけを管理・運営している会社もあります。

また、女性専用と男女ミックスの両方のシェアハウスの会社もあります。

問合せの際には、物件ページの「入居条件」をよく確認するようにしてください。

 

地域エリアのサイトや掲示板には注意が必要

 

地域エリアのサイトや掲示板サイトにてシェアハウスの入居者募集をしている場合があります。

こちらはあまりおすすめできません。

サイト内に会社名や物件の詳細が記載してあればよいのですが、簡単な内容のものや家賃の安さを強調したものは注意が必要です。

誰がどのように管理・運営しているのかわかりませんので、利用する際は契約内容などの詳細を確認する必要があります。

 

女性専用シェアハウスのメリット

女性:3人:OK:写真画像

 

女性専用ハウスのメリット

  • 初めてシェアハウスに入居する女性に安心
  • 男性の目を気にしなくてよい
  • 女性の友人が増える

 

初めてシェアハウスの入居をする女性の中には、男性との共同生活に抵抗がある人もいるでしょう。

その場合には、女性専用のシェアハウスが安心できます。

しばらく入居してシェアハウスの生活に慣れてから男女ミックスのシェアハウス移る、というのもいいですね。

女性専用のシェアハウスのいいところは、ハウス内で男性の目を気にしなくてよいことです。

たとえばシャワーのあとの服装などは、女性同士ならそれほど気をつかう必要がないでしょう。

女性の友人を見つけやすいのもメリットですね。

女性特有の趣味がある人は、同じ趣味の人が見つかりやすいかもしれません。

 

女性専用シェアハウスのデメリット

女性:疑問:悩み:写真画像

 

女性専用ハウスのデメリット

  • 物件が限られる
  • 交流が限られる
  • 女性同士のトラブル
  • 男性との出会いがない

 

女性専用のシェアハウスは増えていますが、女性専用に限定して探すとどうしても物件数は少なくなってしまいます。

いろいろなシェアハウスを比較して見てみたい人は、男女ミックスの物件も同時に探してみるのもいいでしょう。

 

女性専用の物件だと一定の人との付き合いになりがちで、交流の範囲が限られてしまう場合があります。

たとえば小規模のハウスだと、シェアハウスというよりルームシェアに近い物件もあるかもしれません。

 

また、ハウスによっては入居者がいくつかのグループに分かれていることがあります。

すでに入居している人が自然とグループをつくっていることが多いのですが、これから入居する人にとっては気になるところかもしれませんね。

楽しく交流すればよいのですが、ささいなことからグループ内外でトラブルになることもあります。

 

女性同士でもお互いが気持ちよく住めるように配慮して生活する必要がありますね。

当然ですが、ハウス内で男性との出会いは期待できません。

逆に男性と距離をおきたい女性にとっては、メリットといえるかもしれません。

 

女性専用シェアハウス その他の注意点

 

リビングの有無や広さをチェックする

ハウスの間取りを確認しましょう。

女性専用のシェアハウスの中には、リビングやダイニングなどの共用部がなかったり極端にせまかったりする物件があります。

(たとえば、「かぼちゃの馬車」の物件はリビング・ダイニングがありません。)

料理をしたり一緒に食事をしたりする共有部分がないと、シェアハウスの魅力が半減してしまいます。

女性であれば、楽しくおしゃべりしたいことも多いと思います。

シェアハウスは入居者同士の交流が生まれる「共用部」がとても重要です。

 

必ず見学(内見)すること

女性:ロフト:物件:見学:写真画像

必ず物件の見学をしよう

 

シェアハウスの物件や部屋はインターネットで探すことが多いと思います。
ネットで見て気に入ったシェアハウスがあったら、必ず実際に見学をしましょう。

ネット上で部屋の写真が充実していたとしても、日当たり、騒音などは、やはり実際に見てみないとわかりません。

また、その部屋がハウス内でどの位置にあるかということも重要です。

部屋の近くにどのような共用部分があるのかなど、見学時に現地で確認しましょう。

たとえば、シャワールームやトイレに近い部屋は家賃が安めに設定されているかもしれません。

シェアハウスは、契約前にしっかりと自分の目で確認してから決めましょう。

 

身だしなみに気をつける

ハウスに女性しかいないと、ついつい解放的な気分になる場合があります。

たとえば男性の目がないからといって、下着姿でハウス内をうろうろするのは気をつけたいところです。

モラルが守られないと、そのハウスの規律や雰囲気もだんだんと低下していきます。

多くの人が一緒に楽しく生活するには、一定のルールを守りお互いを尊重して生活することが不可欠です。

 

管理スタッフ・清掃スタッフを確認する

女性専用シェアハウスの管理は、基本的には女性のスタッフが行います。

ただ、管理会社によっては清掃スタッフやメンテナンスのスタッフの中に男性がいる場合もあります。

気になる人は契約の前に管理会社の担当者に確認しておきましょう。

 

たとえば、筆者(男)は女性専用ハウスの管理の経験もあります。

初めのメールお問い合わせ、ハウスの見学、契約もすべて自分で行なっていました。

スタッフや清掃の体制を事前にきちんと説明し、納得をしていただければ問題ありませんでした。

男性スタッフがハウスの管理をする場合には、ハウス内に立ち入ることもあります。

男性の目があることで、入居者のモラルやハウスルールの順守に結びついた面もあったと思います。

また、女性同士のトラブルがあったときには頼りにされることもありました。

 

まとめ

 

女性専用シェアハウスの探し方(まとめ)
  • 女性専用シェアハウスはネットで探せる
  • 会社名や詳細の記載がない掲示板サイトには注意する
  • メリット・デメリットを確認する
  • 必ず物件を見学(内見)する
  • 信頼できる管理会社かどうかチェックする

 

 

スポンサーリンク