運営者情報

運営者紹介

宅地建物取引士。(東京の宅地建物取引業者に勤務
賃貸物件の企画・管理・運営に携わっています。

サブリース方式を採用するオーナーと管理会社が締結する契約書である、いわゆる「マスターリース契約書」の作成もおこなっています。

これまでの経験をもとに「マスターリース契約」「サブリース方式」に関する情報を発信しています。

 

サブリース・マスターリースの仕組み:図解:写真画像

サブリース方式(国土交通省)

 

 

オーナーと管理会社による「管理契約」だけでは、入居者に「転貸」をすることはできません。

転貸をするためには、オーナーが管理会社との間で転貸を前提とした「マスターリース契約」をむすぶ必要があります。

2020年からは「サブリース新法(賃貸住宅管理業務等の適正化に関する法律)」が施行され、サブリース業者に細かな規定が適用されるようになっています。

賃貸オーナーや不動産投資家に対して、法律のポイントを伝えてトラブル防止に努めています。

お願い

このサイトでは「サブリース新法」(賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律)に関する情報をお伝えしています

役に立ったコンテンツがありましたら、リンクやSNSで紹介していだけたら嬉しいです。

※当サイトには著作権があります。コンテンツ内容を引用・転載する際には、必ず「その旨とリンク」を掲載してください。)